テレクラ リンリンハウスでエロ電話してきた

テレクラ隊がお送りする第二回テレクラレポート。なのですが、個人的に何年ぶりか昔通っていたテレクラリンリンハウスに久しぶりに行ってみました。最近は当たりが引き辛いような話を聞いてみたので検証してみました。

現在では店舗型テレクラは最近では全滅寸前です。店舗型テレクラの基本は早取りと呼ばれるテクニックが必要でした。全盛期では、大勢の男性が電話の前でスタンバってる状態の中で掛かってくる電話をコールする前に取るくらいの気概と手技が必要でした。しかし、昔のような速さで取る必要はなく比較的余裕をもって取れた気がします。

ネット型、店舗型ともに確実にサクラというものが存在します。サクラは会話時間を引き延ばしアポをとっても待ち合わせ場所に行かない。小汚いおばちゃんや主婦はたまたお金が欲しい若い子などもサクラとして働いています。ここが出会い系のサクラと違う所で理由はどうあれ女性がサクラをしている事が重要になってきます。選択肢として素人+サクラの女の人をターゲットにする事が出来ます。はなから援助を求める女は基本的にNG。

とりあえずは、アポを取り待ち合わせをする事が大事で容姿の確認をして問題がなければ、そこからは口説き落とすだけだ。以上を踏まえて久しぶりのリンリンで即アポもしくは連絡先GET、最悪エロ電話をしてみたい・・・が、結果は最悪だったのです。故にこんな心構え的な記事を書いてるんですけどね。

もう店舗型は気長にまったりと攻めてやってみるしかないっすね。
次回はエロ電話あたりでテレクラをしてみたいと思います。

コメントは停止中です。

このページの先頭へ